やり方を間違ってない︎!?本当は痩せるりんご7976ダイエット

りんごダイエットを行なって失敗した経験がある人は、もしかするとやり方を間違っていたのかもしれません。方法としては、大きく分けて二種類あります。具体的には三食りんごを食べるというものと、一日の食事のうち一食だけりんごを食べるといったやり方です。 中でもあまりダイエットに向いていないとされているのが前者で、実はもともとデトックス効果を期待して考案されたものなのです。しかも水分以外はりんごしか口にしないため、長期間に渡って行うのは栄養が偏るので危険です。そのため、りんごダイエットにチャレンジするなら後者にしておく方が無難でしょう。ただし、三食のうち一食をりんごに置き換えるダイエットには、いくつか注意点があります。それは皮を剥いて食べないということです。痩せるために有効なポリフェノールや食物繊維は、果肉よりも皮に多く含まれているからです。それから早く結果を出したいからと、激しい運動はしたくなるかもしれませんが、りんごダイエット中は避けましょう。慢性的なカロリー不足に陥る恐れがあるためで、体調を崩しては意味がないです。そして置き換えるなら朝食よりも、カロリーが高くなりがちな夕食時にやるとより効果的です。

りんご7976の光沢は添加物?・・・いいえ、天然のワックスです!

美味しそうに見えるりんごほど、つるつるとした光沢を放っていますよね。「出荷の際に見栄え良くワックスで磨いているのだ」「防カビ・防虫剤が塗ってあるのだ」などと、実しやかな噂もありますが、実はあのつるつるはりんごそのものが生成している蝋なのです。熟したりんごの皮の成分が、水分を逃がさないように天然の膜を作っています。ですから、りんごの光沢はみずみずしさと食べごろの目安でもあるのです。天然成分の蜜蝋ですから、布で磨くとさらにつるつるに光ます。映画のワンシーンなどで果物屋さんがりんごを磨いていたりもしますね。